NEWS | PAST EVENTS -> 「初めてのロードバイク/美味しいものと、美しい夜明けと、楽しい仲間を見つけること」

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN

「初めてのロードバイク/美味しいものと、
美しい夜明けと、楽しい仲間を見つけること」

インストラクター&ガイドライダー:清水良行、若杉厚仁(那須ブラーゼン)
サポートカー:那須ブラーゼン・チームカー
マッサー:伊東郁香


2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
銀緑色に輝く若葉が瑞々しい五月、ロードバイクに初めて挑戦する三人の男女が集まった。
女性のJさんとNさんは昨年別々にクロスバイクで参加、男性のKさんは初参加。
Jさんは前回のライドの鮮烈な体験が忘れられず、その後思いきってロードバイクを購入した。 しかしロードバイクは身近に経験者がいないと特に女性には難易度が高い。だからプロに一から教わることのできるこの日を楽しみに待っていた。 NさんとKさんは、ブラーゼン・ベースのレンタルでBOMAのバイクを二日間のパートナーに選んだ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
まずはバイクのフィッティングから。サドルの高さ、ハンドルの角度、ベストのポジションを乗る人に合わせて細かく調整をする。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
自分の体に合ったポジションがセッティング完了したら、次は基本の乗り降りやギアの使い方を習得。一度教わってしまえば後はとてもシンプルだ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
続いて走行技術の基礎練習。午前中はロードバイクに慣れることに集中し、昼食を取ってから午後はいよいよライドへ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
不安だったのは最初だけ。なにせ先頭にはコーチ、後ろにはマッサーとサポートカーがついている。 気をつけるべき路面、ギアチェンジのタイミング、ペダルの踏み方、コーチの指示に従うだけで格段に走りやすくなるのがその都度わかる。 テクニックを習得すると自転車はこれほど楽に、速く、そして最高に気持ち良く走れるのだと実感する。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
ただ景色を眺めて漫然と走るのではなく、荒れた路面や車など障害物を一つ一つクリアしていくのもゲーム感覚で楽しく、自然とスキルが身につく。 時速30kmで走っている最中に転倒すれば大怪我をする。そんな緊張感も、日常生活ですっかり失ってしまった危機対処能力を活性化してくれる。 スピードと共に体の細胞一つ一つが覚醒していく感覚。そう、自転車は「生きている」という実感を再認識させてくれる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
少し息が上がってきたタイミングで到着したのは、人気のパン屋「ラ・クーロンヌ」。バイクラックも用意され、サイクリストを歓迎してくれる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
総菜系、おやつ系、伝統的ハード系と充実した品揃え。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
おみやげ用にパンを買い込む。買ったパンはサポートカーへ預けることができるので遠慮なく。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
しばらく林の中を走ると、再びコーチが自転車を停める。 ついて下りていくと、樹々の向こうにきらきらと光る水面が見えてきた。ここは那須でも知る人ぞ知るとっておきの隠れ家カフェ、「Vamos」。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
湖と見紛うかのような水田が眼前に広がるテラスを占領して、寛ぎのひととき。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
フルーツをたっぷり使ったデザートやジュースなど、体がリフレッシュするメニューが充実。あまりの心地良さについ長居したくなる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
再びライド開始。林を抜けると突然姿を表す雄大な那須連山。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
本日最後の目的地、牛の解放飼育で有名な摩庭夫妻の経営する「Maniwa Farm」。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
放牧で大切に育てられた45頭の牛から取れる新鮮な生乳で作るチーズケーキが絶品。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
のんびりする牛達を眺めながらブレイクタイム。牛達を横目に、我々は摂取したカロリーを消費すべく出発。帰りは約15kmの上り基調の道のり、ここは少し頑張ろう。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
最後にきつい坂を乗り越えて到着すると「お帰りなさい、お疲れ様でした!」のお迎えが。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
待ちかまえていたスタッフに導かれてサンクンガーデンに降りると、温かいティーセットと冷たいドリンクが用意されていた。 疲労回復に即効性のある薬膳茶は、クコの実をはじめ中国の薬草がたっぷり入っている。冷たいドリンクは、これも疲労回復に効くクエン酸たっぷりのレモンとハーブ入りレモネード。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
ライドの緊張と興奮をクールダウンする、リラックスしたひととき。仲間との語らい。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
大量の発汗で失われた水分を補給して一息ついたら、ここから夕食までは極楽のリラクゼーションタイム。まずはスパへ直行し、緑を眺めながら温泉で緊張していた全身の筋肉をほぐす。 心地良さにうっかり眠ってしまいそうになるが、引き続きリカバリー・マッサージへ。 伊東マッサーはサイクリストの体を熟知していて、その技術には高い評価がある。30分間のマッサージを受けてすっきりしたら、しばらく部屋で各々ゆっくり過ごす。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
午後七時、東館ガーデンレストランにて。参加者、コーチ、マッサーと、ライドを共にしたメンバーが一緒にテーブルにつき、今日一日の体験を語る。 美味しい料理、NIKI RIDEスペシャルデザートのサプライズ、楽しいお喋りであっという間に3時間近くが経つ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
ディナーの後は散歩しながら本館のライブラリー・バーに場所を移し、夜更けまで盛り上がる。そろそろ日付も変わろうかという時間。 「さて、明日はどうしましょうか?」「夜明けライド!」間髪を入れないNさんの一声で、明日は夜明け前のスタートと決まった。おっと、早く寝なくては。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
というわけで一夜明けて、いや未だ明けず。眠い目を擦りながら午前4時スタート。まだ薄暗い中、自転車を積んで車を走らせて展望台「恋人の聖地」に到着。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
車から降りると、さすがに山の上は冬のような冷たい風が体を突き刺す。凍える手に息を吹きかけながら、黙ってそれそれ空を見つめる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
薄明の中から次第に色彩が生まれ、群青から水色、橙色、桃色とめまぐるしく色を変えながら空は刻々と明るくなっていく。それは神秘的な夜明けだった。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
日の出というのは、どうしてこうも神々しいのだろう。言葉もなく魅入ってしまう。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
日の出礼拝を済ませた後には爽快なダウンヒルが待っていたのだが、あいにくの強風のため断念して車で下山。 風のない森林で軽く早朝ライドを楽しんでから再びベッドにもぐり込み束の間の睡眠を貪るも、7時半には再び起き出して森のコンシェルジュと朝の散策と、なかなか精力的。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
焼きたてのパン、温かいスープ、卵料理、ヨーグルトにフルーツ、自家菜園からの採れたて野菜とビタミンたっぷりの朝ご飯を食べたら、早速ライドの準備へ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
ウォーミングアップ。ローラー台に乗ってひたすらペダルを回す。3分もしないうちに汗が吹き出る。「そろそろキツいんですけど!」「もう少し頑張って」

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
サンデーライド、スタート。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
辛い坂は、コーチがアシストをしてくれる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
「がんばって、あと少し!」励まされると意地でもペダルを停めるわけにはいかない。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
苦しんだ後は、こんな美しい景色がご褒美に待っていた。しばし見とれる。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
Kさんが清水コーチに突然アタックをかける。反射的に猛追する清水コーチ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
行き着いた先には

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
ダチョウのお迎えあり。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
さて、昨日がGourmet&rideだったとすれば、今日はArt&ride。本日の目的地はここ「森をひらくこと、T.O.D.A.」。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
北欧のような森の中を、矢印に導かれて入っていく。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
森の中に忽然と現れる、三角の建物。おとぎ話の挿絵みたいだ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
こちらは「オープンプレイス」と呼ばれる、内外で活躍するアーチストの展覧会やワークショップを開催する場所。この日は南アフリカで活躍する写真家、澤野新一朗氏の個展が開かれていた。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
もう一つの四角い建物「キッチンプレイス」のカフェでは、美味しくヘルシーなランチを。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
食後にT.O.D.A.のオーナー戸田さんから澤野氏がこれから来ると聞かされ、澤野氏の大ファンだというNさんが目を輝かす。「こんな機会は二度とない!」と全員で澤野氏の登場を待つ事に。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
日差しの照りつける中、静かな林を眺めたり、うたた寝したり、空を見上げたりして思い思いに待つこと小一時間。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
Nさん、とうとう憧れの写真家との邂逅。一年間に数日だけ忽然と姿を表すという幻想的な花畑を追って南アを駆け巡る話を聴いて一同興奮。 そして澤野氏が実はかつて自分で自転車を組み立ててしまうほどの自転車少年だったことがわかって、盛り上がること甚だし。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
さあ、知的好奇心も満たされたところで、これから帰路のライドへ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
NIKI RIDEでは健康な体作りには自然なものだけを体に取り入れるという考えのもと、コラーゲンの生成に欠かせない天然シリカを豊富に含んだニュージーランドのミネラルウォーター 「nikissimo water」をライド中の補給水分としてサポートカーにたっぷり積載している。いつでも飲みたい時に、冷たいフレッシュなミネラルウォーターを。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
全二日間のNIKI RIDE、無事に終了。良き相棒のBOMAともお別れ。

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
二日間ですっかり意気投合した三人。次の目標はロングライド?それともレース?「その時はまたブラーゼンに特訓してもらわなくちゃ!」

2014年5月10日〜11日 with NASU BLASEN
コーチ達スタッフ全員も自転車で繋がった仲間。「清水さん、若杉さん、郁香さんに会いにまた那須に来ます!」左から若杉厚仁(ブラーゼン)、清水正行(ブラーゼン)、伊東郁香(マッサー)